国産の材料にこだわり本場韓国の伝統的な作り方で白菜キムチ・大根キムチ・おいしいキムチの製造・販売 −ダイユー食品梶|

おいしいキムチの製造・販売 ダイユー食品


■ おいしいキムチの秘密


■ キムチの歴史と効能


■ 品質管理室からの
       お知らせ

■ お買い物をする

■ 新着情報(お知らせ)

■ キャンペーンのご案内

■ 企業情報

■ サイトマップ

■ 問い合わせ







 キムチの歴史と効能

キムチの歴史  ≫  キムチの効能  

■キムチの歴史

  キムチの歴史

キムチは農耕生活をしていた中国を中心に韓国などの国で早くから作られていたようです。紀元前1000年頃、中国でキムチを作って食べたという記録が残っており、韓国では13世紀、カブを主材料としてキムチを作ったとの記録ものこっています。

朝鮮時代(1392年〜1910)中期までは、ジャンアッチと呼ばれる単に塩漬けをした漬物や、カブを主原料にした汁の多いトンチミと呼ばれるキムチが食べられていました。

韓国のキムチが画期的に発展したのは朝鮮時代の中期に唐辛子が栽培され始めてからです。唐辛子が栽培され、白菜が主原料として使われるようになってから今日のようなキムチができました。

ひと昔前にはあっさりとした味だったキムチが、現在のような赤唐辛子を利用した華やかで辛い味がするキムチとなり、副材料としてチョッカリ(魚のエキス)が使われ始め、ニンニク、ニラ、葱、生姜などの薬味が入れられ、栄養価の高いキムチとして発展してきました。

≫このページのトップに戻る



■キムチの効能

  醗酵キムチの薬理的な効能

20063月アメリカの健康雑誌「Health」は世界の五大食品としてキムチをとりあげました。

キムチは野菜を主材料にしていますが、天然の塩や各種の野菜でできた薬味そして、海産物、果実類、穀類など様々なものが調合され作られます。このような多種多様な要素が一つとなり醗酵作用を起こすことで、新しく、健康を維持するための機能を持つ乳酸菌を作り出し、人体にとても良い影響を与えてくれます。

下記効能につきましては、各種の論文、書物で発表されています。

 抗癌効果

 動脈硬化及び肥満抑制効果

 ウイルス感染予防効果

 抗酸化効果と老化抑制効果

 ダイエット及び体重減量効果

 便秘予防及び大腸癌予防効果

 アルコール中和効果

 食中毒抑制効果

≫このページのトップに戻る


                                                                  

お買い物をする
新着情報 お知らせ
キャンペーンのご案内
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
  

 HOME |おいしいキムチの秘密 |キムチの歴史と効能 |品質管理室からのお知らせ | お買い物をする
 新着情報(お知らせ) | キャンペーンのご案内 |  企業情報 | サイトマップ |問い合わせ